こと 日々と今

好きなこと、そのときそのときの今を、気まぐれに書いていきます。

どうとでも


なれ





そんな気分

もうなんだか今日は。





忘れてほしいわけじゃないけど、
忘れられてもいいかなとも思う

何より、忘れてくれよって言いたい。

言いたい。






上手くいかないとか
仕方ないとか
いろいろ


どうでもいいじゃんって思うよ。
だってさ、時間経ったら
何にもしなくても、どうとでもなるんだから。






忙しい。



なんでこんなんなんだろう。
もうちょっとちゃんとしとけばよかったよ。

今更。




変われないなあ。そんなすぐに。

だって、本当は変わる気ないのかなって自分でも思うよ。









でも今年の運勢信じてる。

自分から動かないとどうにもならないけど。
それも知ってる。


ちょっとずつ、
私だって動いてる。


忘れようとしてる。







夢なんて見たくない。



傷ついてないけど
もうちょっと言い方あったのかなって反省したりね。
やっぱ、文面だけじゃ伝わらないね。
きっと、上手く伝わってない
それだけはわかったよ。







なんでこう

もっと自由になれないんだろう。



周りのことなんか
気にしたくないし、気にしないでいいはずなのに。





もう一度、やり直す
リセットする


そしたらちゃんと、
目を見て、素直に、丁寧に、
表現できるかな。









そんなことしなくていいけど。

今のことだけ考える。




過去のことはどうしようもない。

でも、
それがないと今もないのは事実だし。
それは認めよう。





何が言いたいのかわかんない感じだけど
自分的にもまとまったんか、まとまってないんかわかんない。







行きたくない。

行きたくないな。





こんなことになるなら


行かないって
もっとはっきり言えばよかった。





遅かった。


もう行きたくない。
そんなに興味ない。


なんでだろう。




行きたくないな。


こんな気持ちで行きたくない。








悲しみ。














誰が悪いって、私が悪いけど

行きたくないなあ。




なんでとれちゃったんだろう。



もう本当にどうでもいい。



もうどうしようもないけど。



書くだけつらいな。
読むのも嫌だな。




外出よ。

ポテトサラダ


実家から
お母さんが私のために作ってくれた ポテトサラダと
おじいちゃんが釣ってきた魚の南蛮漬け
届きまして。ありがたい。


ほんまに大好きなポテトサラダ。
こっちにきてから作ってもらうの3回目くらい。笑
ポテトサラダは全部だいたい好きだけど
やっぱり家のが一番美味しいと思う。
おかわりの2杯目は
しょうゆかけるのがいいんよね。




こんな時間だけどお腹空いてきた。
今日はチーズハンバーグ食べてきたのに。
お腹いっぱいにならんかったもんなあ、、
でも、肉って感じでハッピーハッピー◎

いっつも豚こまばっかり
やっぱり肉が食いたいんです。肉。

唐揚げとかトンカツとか食べたいなあ。。



なんか食べ物の話ばっかりだけど
やっぱり食べるのって幸せ。大好き。
もうずっと食べときたい。

明日は久々におかずたくさんあるね。







今日は久々サークルも行ったよ。
忘れられてなくてホッとした…笑

人少なめだったけど楽しかったなあ。。
今日行ってよかった。正解だったね。








さ、て。



さっきまで寝ちゃってたから、今は目が冴えてるけど
ゆっくり寝る準備しよう。
明日もいい日に。自分の時間。

カレーパン

今日はなんだか
うかれちゃう。いい日。



バイト頑張ったし。
どう考えても忙しい日なのに人少なくて
ホンマニアリエナイ
なんで今日入れたんだろって後悔してた。
しかも今日の占い
同僚から裏切られるかもって書いてあるし
おいおい待ってくれよー、、ただでさえ今日はやばいのにさ。

でもなんか
久々の人に会ってなんか楽しかったし。
いろいろ見えてなかったり、レジわかんなくなったり
先輩たちに助けてもらってばっかりだけど
大きなミスなく終われた。

ホッとしてる。


よく動いてくれてたって
言われてたし。

嬉しすぎてやばい。
褒められることなんて、ほとんどないに等しいから。
なんかまだ慣れてなくて変な感じ。


やっぱり先輩はすごい。
今日ほんとに思い知った。
速いし正確だし周りをずっと見てる。

もたもたしてたらイライラしちゃうのはわかる。
やっぱりすごいな。
先輩がいなくちゃとてもじゃないけどやってけない。

だから、今日はよかった。

どうやら、バイト入れて正解だったみたい。



バイト後のパン最高。
2個とも食べちゃったし。
太るとかそういうのはいい。心が満たされたからそれでいい。

満足だ。






日越しちゃったから 今日だ。
今日は占いもめちゃめちゃいい。

今日もこんな時間まで起きてるけど、ちゃんと起きるよ。
最近起きたら昼
14時からなんとか昼までは戻したけど
なんか損した気分だし
せっかくいい日ならちゃんと起きよう。

洗剤の詰め替え買って、洗濯物も干そう。




よしゃ。いい日にすっぞ。

自分の時間生きるぞ。

冷凍ドリア


やっぱり、
ピリピリするのってよくない。

それにエネルギー使うくらいなら
もっと他にすることあるはず。


いろんな人がいて
やだなあって思うこともあるけど、

知らない間に
自分もそうなってるかもしれない。

それが一番嫌だ。



自分だけは
そうなりたくない。



脆くなってしまった心は
何かで癒さないといけない。




今日は、もういいじゃない。

1日おつかれさま。







みんなが優しい気持ちになれたら


って思うけど、
そんなの絶対に無理だから、

せめて私だけはって思ってる。




今日もどこかで

みじめな思いしてたり、
泣きそうになっていたり、

いろんな人がいるんだと思う。


そんな人たちに
優しい夜になったらいいな。



今日はそういう気持ち。









ごちそうさま。

時間

なんかよくわかんないけど、不安。
不安を感じてて、動けないでいる。




時をかける少女
観て、切なさでぎゅっとなったんだけど、
それが、
なんか不安のほうに移ってしまった。


でも、本当
時間は待ってくれないって思った

待ってられないよね
時間なんかすぐ過ぎちゃう
まだいいや
なんて思ってたら、終わってるんだから

そんなことばっかりだ
びっくりだよ
私が初めてこの映画見たの、
中学生なんだけどな。

真琴たちの年齢、越しちゃったよ
そんなことばっかり

くよくよしてられないし、
生き急ぐ
って、そう思うのって、
あ、こういうことなんだってわかった気がする


怖いな。
何にも残らなかったらどうしよう。

楽しいことももちろんあるはず
現に、楽しみにしてることもあるし。
でも、大変なことだってある。
それに打ち勝てるかな。

変われるのかな。
私。
本当に変わりたいのかな。
どうするんだろう。
この先、どういう選択をしていくんだろう。
全部決めるのは私だけど、
どうするんだろうね、、
ちゃんとできるのかな。



何かしなきゃって思ったり、
何かしたいなって思ったり。

結局、勇気が出せなくて
動けないまんま
面倒くさがって途中でやめちゃう

どうしたいのかな。

やりたいこと、ちゃんとあるよ。


やりたいことするためには
やらなきゃいけないことも必要で、
それは当たり前のこと。

やりたいことだけやりたかったなあ。



でもやっぱり、
頑張ってくる姿は眩しくて、大好きだ。
ずっと憧れ。


何しなきゃいけないか、
もう一回考えて、
外に出よう。

やっぱり籠ってるだけなのは
好きじゃない。

外出よう。
歩こう。



不安は置いといて。
過去のことも未来のことも置いといて。

今のこと考えようよ。

ゼロ

なんかようわからんけど


悔しいなあ
こんなんでええんかほんまに

ってすごい思う。


こんなになんもせんでええんかって。




いやー、
こういう日も悪くないけどさ。

なんかつまらんなって思うよね。
そういうことじゃないな、とも思う。





くそー

悔しい。









違う。

1年前に想像してたのと違う。





なんかなあ、、

これが私らしさなら、これでもいいかもだけど
なんか納得できないし


しっかりしなきゃなほんまに

運が逃げてく気がする。





ちゃんと、しっかり、
打ち込めるものがほしいな。

部活してたときに戻りたいっていうのには
たぶんそういうのも入ってる。







忙しいのって好きじゃないけど。


私はこれがあるからって
言えるものが何もないって
それはそれでさみしい。

ひとつずつ


忙しくないけど
荒れたりしがちだから。
忙しくなるときに備えて
ちゃんと、ひとつずつやっていこう。



尊敬してる人。
ストイックに頑張る姿を見て。
たくさん勇気と元気を貰って、
あ、私も頑張らなきゃって思わせてくれる。
愛情たくさんの人。大好きな人。

心のケアも 体のケアも
私がちゃんとしてあげなきゃ。


明日はどんな日?
無駄にしないようにしよう。





1日1日、どんどん終わってく。
時間は止まってくれない。
こうやって これもまた過去になる。
1秒前にだって戻れない。

切ないなあ。









織姫と彦星は会えたんだろうか?
ここは曇ってて見えないけど。
どうか出会えていますように。